« パウダープロテインとタブレットプロテイン | トップページ | アスリートに必須のプロテインパウダー »

目的に応じてプロテインの原料を選ぼう

プロテインといってもさまざまな種類があります。あなたがプロテインの原理をよく理解して、目的にあったプロテインを選択することで、プロテインダイエットは効果が高まります。成功しやすくなるのです。

筋肉作りに効果があると言われるホエイタンパクとガゼインタンパク。これらのタンパク質は、牛乳を原料としたプロテインに含有されています。これらは消化吸収率が高いのでトレーニング後に補給すると筋肉の増強に役立ちます。スポーツでは主に瞬発系種目の選手に適したたんぱく質であるといえます。

ただ、牛乳を飲むことはお薦めしません。日本人には乳糖不耐症の方がとても多く、乳糖を代謝できずに下痢をしてしまったり、詳しくはここでは述べませんが、牛乳のカルシウムとマグネシウムのバランスが悪いため、かえって骨を弱くする、という説があるからです。

そこで、牛乳を原材料としたプロテインの中で、余分な脂肪分や乳糖といったものを取り除き、ホエイタンパクだけの純度を高めた「ホエイプロテイン・アイソレート」をお薦めします。
また、プロテインをアミノ酸の分子に近いレベルまで酵素分解して吸収率を高めた「ホエイペプチド」もいいでしょう。要するに、牛乳ではなく、牛乳を原材料としたサプリメントの形でこれらプロテインを摂取してくださいね。

ホエイには、グルタミンや筋肉を作るBCAA(分岐鎖アミノ酸)がたっぷり含有されているため、プロテインの中でも一番効果の高いプロテインといえます。瞬発系種目の選手はもちろん、負荷の強いウェイトトレーニングなどで更なる筋力アップを目指す人に適しています。

卵を原料としたプロテインは卵の黄身を取り除き、卵白からたんぱく質を分離したプロテインです。卵白に含まれるアルブミンは、人体のたんぱく質とアミノ酸組成が似ている良質なたんぱく源です。必須アミノ酸と非必須アミノ酸の両方をバランス良く含んでおり、さらに黄身を使っていないので、脂肪分0%、コレステロール0%の高たんぱくプロテインです。筋肉の増強、女性はダイエットを目的として摂取する人が多いようです。

卵も決して卵として食べないようにしてください。牛乳同様、成人にはいい食べ物ではありません。子宮や精巣など、生殖器にきます。魚卵もそうですから、いくらや数の子、キャビアなども要注意です。

大豆たんぱく質には便秘を改善したり、中性脂肪、コレステロールを抑えるという機能があり体脂肪の蓄積を抑制する効果があることが判明しています。大豆はそのまま食べてもOKです。良質のタンパク源です。ただし、イソフラボンが女性ホルモンに近い構造をしており、極端な過食は避けましょう。

タグ:プロテイン,ホエイタンパク,ガゼインタンパク,アルブミン,アミノ酸

« パウダープロテインとタブレットプロテイン | トップページ | アスリートに必須のプロテインパウダー »

ダイエット」カテゴリの記事